派遣経由と直接雇用の違い

期間工の採用方法とは

期間工といえば一昔前までは雇用する会社から直接雇用されることがほとんどでしたが、最近では派遣会社を通して採用するケースが増えています。会社が直接雇用するためには公式サイトに求人募集をかけ、面接をして人材を確保するなど時間や手間が必要です。一方で派遣会社を通して人材を募る場合は、それぞれの条件下で必要な人材を必要なだけ派遣会社に集めてもらうことができます。 期間工は工場などの繁忙期に一定の期間だけ採用される人のことをいい、残業や夜勤などがあっても不思議ではありません。しかし会社から直接雇用される期間工であれば、雇用保険に加入することができたり無遅刻無欠勤であれば特別手当てがでるなど、多くのメリットがあります。

派遣会社経由と直接雇用

派遣会社経由で採用された期間工は、あくまでも派遣会社から派遣された社員であり、雇い主は派遣会社です。そのため期間工として働いている会社から報酬がでた場合、一旦派遣会社に渡り一定の金額を差し引いた金額しか手にすることはできません。しかし採用に至るまで派遣会社がサポートしてくれるので、期間工よりも手間や面倒な手続きなどがなく、だいぶ楽です。 この他にも派遣会社から応募するメリットは大きく、期間工として働く会社から支給される祝い金に加えて派遣会社からも祝い金が支給されることもあります。このように派遣会社経由と直接雇用される期間工には、それぞれメリットやデメリットがあるのです。どちらが自分に向いているのか、それぞれの違いを理解した上で働くことは大切といえます。

期間工の募集は、食品や電子部品、自動車、精密機器など様々な製品を扱う工場で大々的に行われるケースが目立ちます。