通年雇用とは異なる働き方

自分らしい働き方を選択できる

期間工と通年雇用との違いは、働き方にあります。期間工はある一定期間のみ働く仕事であるため、短期間で仕事に集中することが必要です。短期集中して稼ぐことで、期間終了後の時間を自由に使えるため、短期間で稼いだ後は資格試験の勉強をしたい人や、ほしい物のために集中して働き、手に入れるといった方法をとることもできます。対して通年雇用の場合、毎週決まった日程で通って業務をこなさなければなりません。そのため、自分で明確な目的があり、集中して働きたいときに期間工の働き方はメリットが大きいといえます。ただし勤務先によっては、正社員よりも福利厚生が充実していない場合があるため、理解して働くことが重要なポイントです。

勤務方法は2種類存在する

期間工の場合、基本給・残業代・その他手当のみとなっています。また、入社祝い金や満了慰労金と呼ばれる制度が付くのも、期間工ならではのメリットです。満了慰労金とは設定した期間きちんと働いたことを慰労する特別手当のことで、期間が長ければ長いほど高い収入となります。期間が長ければ長いほど収入を増やすことは可能ですが、企業側からの誘いがない限りは正社員への道はありません。そのため、正社員登用を目指している人には向いていない働き方といえます。企業に依存せず自分自身のライフスタイルを優先し、働き方を決めることができる人には向いている方法です。なお、企業と直接雇用契約を結んでいる人と、派遣会社と契約している人に分かれます。

期間従業員の仕事には、自動車などの大手優良メーカーや製造業などの募集があります。体力的に大変だと言われますが、簡単作業で未経験でも採用されやすいメリットがあります。