派遣会社ごとに就労期間が異なる理由

派遣会社によって派遣先との契約内容が異なる

工場など規模の大きな職場では複数の派遣会社が期間工を派遣しているケースが少なくありません。同じ部署にいる期間工でも、人によって登録している派遣会社が異なります。また、派遣会社によって就労期間に違いがありますが、これは派遣会社と派遣先の会社との間で結ばれる契約がそのような内容になっているためです。派遣先の会社は派遣会社にお金を支払い、期間工を手配してもらいます。支払う金額や手配される期間工の質など様々な事柄で就労期間が決まるので一概には言い切れませんが、営業力が高い派遣会社ほど長期雇用になると言えるでしょう。契約金の金額と手配される期間工の質が丁度良いバランスになっている派遣会社は就労期間が長くなる傾向にあります。

派遣会社ごとに得意分野が異なる

同じ期間工の仕事でも派遣会社によって得意分野が異なります。製造業を例に挙げてみても食品や電気製品、車両など内容は様々です。それぞれの細かい分野ごとにノウハウが異なるので、必然的に派遣会社によって得手不得手の差が生じます。食品工場の仕事は頻繁に取れるのに自動車組み立ての仕事はほとんど取れないなど、派遣会社に専門性が生じるのはこのためです。得意分野なら仕事内容に適している人材の選出に慣れていることから、就労期間も長期になりやすいのです。また、ノウハウを構築する目的で敢えて短期間の就労契約を結ぶ派遣会社もあります。派遣で働きたいが短期の仕事を選びたいと考える人にはこのような派遣会社が適していると言えるでしょう。

期間社員は自動車工場や電子部品製造工場などで働く契約社員のことで、メーカと直接雇用関係を結ぶ点が派遣社員と異なります。