派遣会社を経由するメリット

契約内容に不備があっても指摘しやすい

期間工という仕事に限ったことではありませんが、実際に仕事をスタートさせてみると事前に聞いていた内容と労働契約が異なるということがあります。例えばこの時間内のシフトなら入れるということを事前に言っていたにもかかわらず、指定した時間外のシフトを組まれたということはよくあります。少しくらいは大丈夫だろうと思ってシフトを組まれていますので、最初に無理だということを伝えていなければ後々増えていきます。この程度なら直接言える人もいますが、中には言い出しにくいという人もいるでしょう。こうした労使間のトラブルがあった場合でも、派遣会社を経由していれば派遣会社から連絡してもらうことが可能ですので、労働契約内容に不満を抱えたまま働くという必要はありません。

面接をクリアする必要がない

そもそも、期間工とはいえ説明会などに参加して面接を通過しなければ働くことすらできません。派遣会社を経由することによってこの過程を気にする必要がありません。もちろん、企業によっては就業開始前に面接を兼ねた挨拶が必要な場合もありますが、大抵の場合は派遣会社の担当者が付き添いで来ますので1人でアウェーに乗り込むというようなことはありません。面接が苦手で中々就業できないという人は派遣会社に登録して働いてみるのも良いのではないでしょうか。また、通常の面接では聞きにくいようなことでも事前に同行する担当者に伝えておけば自分の代わりに聞いてくれますので、面接が終わった後にこれも聞いておけばよかったということも少ないのではないでしょうか。